「Google I/O」カテゴリーアーカイブ

Google I/O 2011 チケット即完売!

本日Google I/Oの申し込みが始まりました!がっ!懸念通り、即完売となりました。Google I/Oは、Googleが主催するイベントとしては世界最大規模のもので、世界中から5000名ものエンジニアが集まります。

チケットは$500という、アメリカのイベントにしては超良心的価格にも関わらず、携帯電話を無料配布するなどプレミア度が年々高まっています。

その結果、2009年は90日、2010年は50日で完売したのですが、今年は59分でチケットが完売(一部情報によると45分で完売したとか)しました。

特にアジア地区は、時差の関係でかなり不利な位置にあり、寝落ちしてチケットをゲット出来なかった人も多かったようです。Twitter上ではすでに、クレームが出ていますが、明日以降もっとクレームが出そうです。

一点だけ心配なのが、キャパシティオーバーしたのか申し込みサイトが一時的にダウンした事です。この障害によって、想定以上のチケットが販売されていなければ良いのですが。。。Google I/Oの場合、参加者の上限というのは、会場のキャパシティで決まっているようで、会場から近いサンフランシスコやマウンテンビュー勤務のGoogle社員ですら入場パスの入手が困難という話を聞きます。また昨年などは、上司のパスを奪ってきたという社員もいました。

そんなこんなで、ドタバタな滑り出しですが、今年はどんな発表が聞けるか今から楽しみです!チケットを入手できたみなさん、会場でお会いしましょう♪

Google I/Oに行こうか悩んでいる人へ

悩むという事は、おそらく金銭的な問題と時間的な問題は、無茶したらクリアできるけどやり過ぎかな?と考えている人だと思います。

断言します。20代の人なら行くべき。特に、海外のイベントに参加した事の無い人は絶対に行くべき!5000名を超える世界中のエンジニアが1つの会場に集まり、何かが発表されると会場中の人がエキサイトして拍手喝采するシーンは体験した者にしか分からない非常にワクワクする体験です。

朝食やランチ、さらにはオヤツを食べてる間でも、海外のエンジニアと話ができる。日本と違う現地事情が聞けたり、やっぱりAndroidは盛り上がってるんだなーと改めて認識したり(どのテクノロジーが好き?って聞くとみんなAndroidと答える)。別に英語なんて適当でも大丈夫!だって、IT用語やGoogleテクノロジーの単語はなんとなく分かるのも。

世界中で、こんなにスゲーやつらが日々がんばってると考えるだけでモチベーションが上がるし、ここにいるイノベーターやアーリーアダプター達が世界を変えてるんだなっていうのが、肌で感じられる。

だって考えてみてよ、渡航費がだいたい20万円ぐらいしたんだけど、日本人からしても20万円って安い金額じゃないけど、日本から見たらほどんどの国って貧しいでしょ?そんな国からも参加者がいて、その人達はその国ではすごく稼いでいる人か、会社から信頼されて会社のお金で送り出されている訳で、めちゃくちゃデキル人という事ぐらいバカな私でも分かる訳です。そんな人と知り合えるとか超ワクワクしない?

$4-500のチケットは高そうに見えるけど、朝昼の食べ放題の食事(ランチは色んな国の食事が選択できる)と大量のジュース、アイス、お菓子の提供。夜にはアルコール付き(もちろん食事もある)の盛大なパーティに参加できる(パーティの様子は私が撮影した下の動画で見れます)。さらにI/O期間中にGoogle社員と話しをするとYouTube主催のイベントのチケットをゲットできる!もちろん講演も聞けてこのお値段だ。

これだけでも十分チケット代をペイできるにも関わらず、Google先生は携帯電話をじゃんじゃん配ってくれるために、今や超プレミアチケットになっており今年はGoogle TVか!?なんて噂もされている。

みんな今年は会場で会おうぜ!

もっと詳しく知りたい人は去年勉強会で使った資料を御覧ください

映像資料は以下にあります。
Google I/Oのお気に入り展示
Google I/O After Hours evening party
Google I/O After Hours evening party / part2