「Life Hack」カテゴリーアーカイブ

iPhoneアプリのモックを簡単に描く方法

iPhoneアプリのモックデザインって何で描くの?とよく聞かれるので、ブログにまとめる事にしました。

私がよく使うのは、Balsamiq Mockupsというアプリです。Adobe Airでラクラクインストールできるのでオススメです。

なぜこれが良いと言うかというと、線が手書き風だということ。我らが、Joel Spolskyはこう言っている

  • プログラマでない人間に90%まずいユーザインタフェースを持った画面を見せたなら、彼らはプログラムが90%まずいと思う。
  • 100%素晴らしいユーザインタフェースの画面をプログラマでない人間に見せると、彼らはプログラムがほとんど完成していると思う。

見た目がクールでないUIの価値が分かったら今すぐBalsamiq Mockupsをインストールだ!

このアプリに1つ問題があるとしたら、それは日本語入力を受け付けないという事です。これは単にフォントの問題なので、手書き風フォントを突っ込んでやればokです。

日本語の手書きフォントと言えば、「あくあフォント」。まずは下の2ファイルをダウンロードします。
あくあフォント
あくあPフォント

ダウンロードしたファイルは.exeなので、一見Windowsでしか利用できないように見えますが、中身はLHA形式のアーカイブなのでLHA対応のアーカイバがあれば圧縮データを取り出す事ができます。

MacやLinuxでの解答手順は以下の通り。

まず、SourceForgeからLHa for UNIXをダウンロードします。

$ tar zxvf lha-1.14i-ac20050924p1.tar.gz
$ cd lha-1.14i-ac20050924p1
$ ./configure --prefix=$HOME/bin/lha
$ make
$ make install

適当に$HOME/bin/lhaへパスを通します。(.bash_profile辺りに以下の行を追加するか、直接実行する)
> export PATH=${HOME}/bin/lha/bin:${PATH}

次に、ファイルの解凍。

$ lha x aqua2_7.exe
aqua2_7/aquafont.ttf	- Melted   :  ooooooooooooooooooooooooooooo
aqua2_7/readme.txt	- Melted   :  o
$ lha x aquap2_5.exe
aquap2_5/aqua_pfont.ttf	- Melted   :  ooooooooooooooooooooooooooooo
aquap2_5/readme.txt	- Melted   :  o

◆ココからWindows/Mac共通作業。

ttfファイルが取り出せたら、ダブルクリックして[インストール]を押します。

OSに応じて、以下の内容のBalsamiqMockups.cfgというファイルを以下のいずれかの場所に新規作成します。

<config>
    <fontFace>あくあフォント</fontFace>
</config>
- XP
C:¥Documents and Settings¥Application Data¥BalsamiqMockupsForDesktop.#numbers#¥Local Store

- Vista
C:¥Users¥AppData¥Roaming¥BalsamiqMockupsForDesktop.#numbers#¥Local Store

- Linux
~/.appdata/BalsamiqMockupsForDesktop.#numbers#/Local Store

- Mac OSX
/Library/Preferences/BalsamiqMockupsForDesktop.#numbers#/Local Store

これで、Balsamiq Mockupsを再起動すると日本語が使えるようになります。

Happy Coding!

[Windows]画面の外のウィンドウを移動する方法


↑私の職場の環境です。通常、ディスプレイ3台とノートPC1を利用しています。

 Windowsではウィンドウの位置を記憶してくれる機能があって便利なのですが、ノートPCにディスプレイをつないでマルチ画面で作業をしていたり、プロジェクターをつないだりして表示画面を小さくしたりするとウィンドウをつかめなくなる場合があります。(開いたままのウィンドウは、自動的に位置を補正してくれるので、多くの場合には問題になりません)

 意外と知られていませんが、このトラブルを簡単に解決する方法があります。

 1、画面下のタスクバーから移動したいウィンドウを選択する。
 2、右クリックでメニューを開き「移動(M)」を選択するか、[Alt]+[スペース]を押した後に[M]を押す。
 3、矢印キーで移動したい方向を押し続ける。

 これで、ウィンドウがつかめる位置まで移動する事ができます。万が一、このトラブルに遭遇された方はお試しあれ!

部屋飲みで使えるLifeHack

 私はZIMAというお酒が好きで、部屋飲みの時には必ずコンビニで買います。けど、このZIMAは王冠で蓋がされているビン詰めのお酒なので、当然のことながら栓抜きが必要です。

一人暮らしの方だと、意外と栓抜きを持っていない事があります。そんな時は割り箸の出番ですが、割り箸もねーよ。という時はこの方法をお試し下さい。1枚の紙で栓を抜けます。

 こちらは、日常でも使える技ですが、ポテチの袋を何も使わずに閉じる事がでます。