「自宅サーバのススメ」カテゴリーアーカイブ

サーバを自宅で構築するためのお話。

EeePCにUbuntuを入れる方法

 EeePCは、SSDとUPSを備えた次世代サーバプラットフォームと言える素晴らしいハードウェアです。知らない人も多いようですが、ニコニコ大百科のフロントサーバはEeePCです。すべてのクエリーをEeePCで受け付け、セッション情報まで管理しているそうです。

 まぁ、ハードウェアの素晴らしさは今さら語る必要はありませんが、外配信機材としては軽くてそこそこバッテリーも持つので非常に重宝しております。

 ただ、いかんせんSSDのディスク容量が小さい(私のモデルは4Gbyte)でWindows XP SP2を搭載するとかなり苦しい状況になってしまいます。

 そこで、Windowsを潰してUbuntuを入れようと思った訳です。まぁ、Arch Linuxでも何でも良かったのですが、最近Ubuntuのデスクトップ環境が良いといと方々で聞くのでUbuntuにトライしようと思った訳です。

 EeePCにUbuntuを入れようとすると、Ubuntuプロジェクト公式のUbuntu Netbook Remixとeeebuntuという2つの選択肢があるようですが、私はUbuntu公式のUbuntu Netbook Remixを選択しました。

用意するもの

  • USBメモリかSDカード (容量700MB以上のものが必要になります。私はEeePCに付いてきた4GBのSDカードを利用しました)
  • Windows マシン

 まず、このページで紹介されている「Universal USB Installer(ダウンロードリンク)」をダウンロードして、実行します。(インストールは必要なく、exe単体のプログラムです)

 実行すると、ライセンスが表示されるので、[I Agree]ボタンを押します。

1

 Step1で、「Ubuntu Netbook Remix 10.04」を選択します。インストールイメージは自動でダウンロードされますが、インストールイメージをこちらの公式ページからダウンロードしておいてもOKです。自分でダウンロードした場合は、Step2でイメージの場所を選択します。

 Step3でインストールしたいドライブを選択します。横のチェックボックスにチェックを入れると、そのドライブをフォーマットします。特に理由がなければ、チェックを入れフォーマットします。

 最後に[Create]ボタンを押してインストールイメージを作成します。

2

 インストールイメージが作成できたら、EeePCにSDカードを挿入して起動します。すぐに、[F2]ボタンを押し、BIOSの設定画面を表示します。[Boot]-[Boot Device Priority]で1St Boot Deviceを[Removable Dev.]に設定します。

 あとは起動時にUbuntuのブートメニューが出るので、HDD(SSD)にインストールするも良いですし、そのままSDカードやUSBブートで利用しても良いです。

個人で専用サーバを契約しました。

SAKURA Internet

既に自宅でサーバを立てているのですが、SandBox的に利用しており、よく再起動や停止をしているので、ここら辺で思い切ってサーバを借りようと決断しました。

サーバは、国内最強と思われるSAKURA Internetと契約しました。

今回契約したのは、『さくらの専用サーバ』で、非常に格安なプランですが、利用方法に制限があるので、契約を検討している方はネットで情報を集める事をオススメします。(私の場合、これで十分です)

配線のやり直し

配線1

配線2

配線3

今日も、ビール片手に配線をがんばってみました。サーバはうるさく無いように玄関に設置しました。粘着テープが足りずに少しケーブルがだらーんとなっていますが、何とかくっついています。ゴールデンウィーク中にもう少しテープを買ってきたいと思います。

右の黒い物体は玄箱と呼ばれる、NASサーバです。