「オープンソース」カテゴリーアーカイブ

高性能画像圧縮アプリ「Caesium」をMac OS Xにポーティングしました

クックパッドに入社以来、仕事が忙しく、個人のアウトプットを出せていませんでした。最近、仕事が少し落ち着いてきたので、少しづつ個人のアウトプットも出して行きたいと思います。

現在進めている個人プロジェクトの1つとして、自炊(本のスキャン)をしている人向けのサービスを開発しており、画像圧縮アルゴリズムの研究しています。その調査の過程で、Caesiumというアプリがなかなか良い感じの出力をすると2chで見かけたためソースコードを読んでみました。プログラムは簡単にMacにポーティングできそうだったのと、社内の一部のエンジニアでcodewallが流行っている事もあり(現在国内トップ)、Mac OS XへポーティングしてGithubで公開してみました。

Githubのプロジェクトページの右の方にある「Download」タブからバイナリをダウンロードできます。インストーラーは頑張ったけど、設定が悪いらしくApplicationsにコピーされない orz そのうち頑張ります。

Caesium」は高性能な画像圧縮ツールで、ネットの記事を読むとサムシングスペシャルなテクノロジー(笑)が使われているとの事ですが、ソースコードを読むと別に特別な事をやっている訳では無かったです。

Mac版では、DnDでファイルを投入できるとか、Exif情報を取り除くとか、複数言語を表示できるといった幾つかの機能が正しく動いていませんが、メインの画像を圧縮するという機能は動いているので、マイナーバージョンとして公開します。

標準設定で圧縮すると、この4.9Mbの画像ファイル842Kb(-84%)になります。

画像の圧縮サンプルはこちらを御覧ください。

iTunes Storeで公開している電子書籍ビューアーをオープンソースにします! #objective-c #ios

このTweetが200RTされたら、iTunes Storeで公開している電子書籍ビューアーをオープンソースにします!興味のある人は@dddaisukeをフォローしてね♪ライセンスはビジネスで使えるライセンスにしますよ!less than a minute ago via TweetDeck Favorite Retweet Reply

酔っ払って、こんなツイートをしたら340RTも頂いて本当にありがとうございました。Twitterって本当に怖いw

現在、公開準備に向けて社内調整中です。一応、業務中に開発したのでメンドクサイ手続きがあるんですよ。部長会議とか取締役会とか・・・

プログラム的にも、現在公開しているものをそのままという訳にはいかないので、固有コードを抜く作業もあるので少し時間が掛かりますが6月中には出せると思います。

あ、ロゴも差し替えが必要なんだけど、誰か描いてくれないかしら?やってもいいという人がいたら右の写真の下にあるメールアドレスまで連絡下さい。

Facebookプラットフォームがオープンソース・プロジェクトになるらしい!

Facebook

 モバゲーがウェブアプリフレームワークをオープンソース化したのにもビックリしましたが、Facebookプラットフォームがオープンソース・プロジェクトになるらしい!

 Facebookが、Google率いるOpenSocial陣営とどのように戦っていくのかは見ものですが、個人的にはどのプラットフォームにも収束しないと考えております。

 なぜなら、すでにソーシャルデータのポータブルサービス(Data Availability、Facebook Connect、Friend Connectなど)がローンチされていますが、一向に収束の気配を見せないですし、認証サービスのOpenIDも、GoogleやMicrosoftが参加したと大きく報道されましたが、詳細を調べると認証サービスは提供(OpenID対応)するけど、他のサイトで認証されたIDではサービスを利用させないよという中途半端な参加で、結局各社ユーザを抱え込みたいだけだろと。(ビジネス的には正しい選択だと思います)

 結局のところ、ポータブルサービスについては自分が参加しているSNS上の情報を別のSNSやブログに持ち出せれば十分で、OpenSocialやFacebookに対応したバックアップ/リストアサービスがあれば十分ですし、認証サービスも複数サイトのIDとパスワードを管理してくれて、自動ログイン機能付きサービスがあれば十分。

 つまりプラットフォームについても、そのうち誰かがクロスプラットフォームのためにラッパーフレームワークを作るんじゃないかな?と考えています。