「おすすめソフトウェア」カテゴリーアーカイブ

ネットサーフィンや業務で発見した便利なソフトウェアを紹介します。

iPhoneアプリのモックを簡単に描く方法

iPhoneアプリのモックデザインって何で描くの?とよく聞かれるので、ブログにまとめる事にしました。

私がよく使うのは、Balsamiq Mockupsというアプリです。Adobe Airでラクラクインストールできるのでオススメです。

なぜこれが良いと言うかというと、線が手書き風だということ。我らが、Joel Spolskyはこう言っている

  • プログラマでない人間に90%まずいユーザインタフェースを持った画面を見せたなら、彼らはプログラムが90%まずいと思う。
  • 100%素晴らしいユーザインタフェースの画面をプログラマでない人間に見せると、彼らはプログラムがほとんど完成していると思う。

見た目がクールでないUIの価値が分かったら今すぐBalsamiq Mockupsをインストールだ!

このアプリに1つ問題があるとしたら、それは日本語入力を受け付けないという事です。これは単にフォントの問題なので、手書き風フォントを突っ込んでやればokです。

日本語の手書きフォントと言えば、「あくあフォント」。まずは下の2ファイルをダウンロードします。
あくあフォント
あくあPフォント

ダウンロードしたファイルは.exeなので、一見Windowsでしか利用できないように見えますが、中身はLHA形式のアーカイブなのでLHA対応のアーカイバがあれば圧縮データを取り出す事ができます。

MacやLinuxでの解答手順は以下の通り。

まず、SourceForgeからLHa for UNIXをダウンロードします。

$ tar zxvf lha-1.14i-ac20050924p1.tar.gz
$ cd lha-1.14i-ac20050924p1
$ ./configure --prefix=$HOME/bin/lha
$ make
$ make install

適当に$HOME/bin/lhaへパスを通します。(.bash_profile辺りに以下の行を追加するか、直接実行する)
> export PATH=${HOME}/bin/lha/bin:${PATH}

次に、ファイルの解凍。

$ lha x aqua2_7.exe
aqua2_7/aquafont.ttf	- Melted   :  ooooooooooooooooooooooooooooo
aqua2_7/readme.txt	- Melted   :  o
$ lha x aquap2_5.exe
aquap2_5/aqua_pfont.ttf	- Melted   :  ooooooooooooooooooooooooooooo
aquap2_5/readme.txt	- Melted   :  o

◆ココからWindows/Mac共通作業。

ttfファイルが取り出せたら、ダブルクリックして[インストール]を押します。

OSに応じて、以下の内容のBalsamiqMockups.cfgというファイルを以下のいずれかの場所に新規作成します。

<config>
    <fontFace>あくあフォント</fontFace>
</config>
- XP
C:¥Documents and Settings¥Application Data¥BalsamiqMockupsForDesktop.#numbers#¥Local Store

- Vista
C:¥Users¥AppData¥Roaming¥BalsamiqMockupsForDesktop.#numbers#¥Local Store

- Linux
~/.appdata/BalsamiqMockupsForDesktop.#numbers#/Local Store

- Mac OSX
/Library/Preferences/BalsamiqMockupsForDesktop.#numbers#/Local Store

これで、Balsamiq Mockupsを再起動すると日本語が使えるようになります。

Happy Coding!

Kasperskyと同等の安全度でメッチャ軽い最強セキュリティソフト

logo_web

 弊社では、セキュリティ対策のためにSymantec Endpoint Protectionを利用しているのですが、毎朝RtvScan.exeがCPUを占拠し、起動直後から15分もPCを使用できない状況が発生しており、CPUが高負荷なため、漢字変換もままならず朝一のメール返信やウェブブラウジングにも影響がでていました。

 ここ数日はとくに状況が悪く、本日に至っては1時間もまともにPCを利用できない状況になったため、ネットワーク管理者に許可を取り、別のセキュリティソフトの調査をしました。(原因はクイックスキャンという機能らしいのですが、サーバで一括設定の為、利用者側では解除できない)

 注意:2008年8月のAnti-Virus Comparativeの比較調査によると、スキャン速度が最速と評価(PDF)されています。CPUの負荷と、スキャン速度のどちらを取るかは、PCの利用形態によると思います。

 

 大手のニュースサイトのセキュリティソフト比較記事などからリンクされていた、Anti-Virus Comparativeというサイトが提供している調査結果の最新情報を取得してみたところ、熱狂的信者の多い、世界一安全とされるKasperskyと変わらないウィルス検知率(PDF)を誇りながらも、メモリもCPUもほとんど消費しないAvira AntiVirというセキュリティソフトを発見しました。

 注意:Kasperskyは1時間に1回ともいわれるウィルス定義ファイルの更新速度で最新のウィルスに対応しているので、怪しいアンダーグラウンドのサイトを頻繁に閲覧される方にはKasperskyをお勧めします。

 通常のオフィス業務で利用する場合には、Avira AntiVirが良いかと思います。ちなみに、個人で利用可能なPersonal版は無料で利用できます。

ファイル単位やフォルダー単位でデフラグするツール

私の扱っているプロジェクトでは、ファイル数がものすごく多いので、バージョン管理システムからブランチを取得したり、削除したりしていると2か月ぐらいでPC起動後10分ぐらいは操作ができなくなるぐらいフラグメンテーションが進行します。

あまり酷いときにはパパッとフラグメンテーションが酷いファイルだけをデフラグしたいので、いろんなツールを試してきたのですが、以下のソフトが私のやりたい事では最も優秀なツールでした。

Defraggler

もちろん、本格的にデフラグをするときにはすっきり!!デフラグを使いますよ!