「達人プログラマーへの道」カテゴリーアーカイブ

緊急告知!学生Hackathon、優勝賞品はシリコンバレーへ無料招待

企画自体が急に決まったので、まったく告知が進んでいないので、社会人の方はTwitterなどで拡散していただけると助かります。

このイベント期間中の食事はすべて提供され、イベントで優勝することができれば、シリコンバレーへの航空券・宿泊費はすべて主催者持ちで、現地の著名人と会える機会を提供します。興味がある方はぜひ、この貴重な機会をご活用下さい。

私も当日はメンターとしてみなさんのお手伝いに行きます!学生のみなさんは会場でお会いしましょう!

===================================================================

エントリーはこちらから

☆——————————————————————————————————-☆
あなたのアイデアをカタチに!

~優勝者は、シリコンバレーに無料招待!~

スタンフォード大学ASES・Bizjapan×ShootUP共同主催

日・中・韓同時開催【TriHack Hackathon(ハッカソン)】日本側参加者募集!

☆——————————————————————————————————-☆

【Hackathonとは】
Hackathonとは、「Hack」と「Marathon」を合わせた造語で、プログラマーが集い、集中的にコーディングを行うイベントです。

【TriHackとは】
TriHackとは、スタンフォード大学の学生団体ASESと、日中韓の学生団体(Bizjapan×ShootUP:日本、ASES Zhejiang:中国、StartWave Seoul:韓国)が共同で主催するHackathonです。日・中・韓3ヶ国で同時開催されます。優秀なプログラマー同士、デザイナー同士が技術交流をしながら、31時間に亘ってWebサービスなどを開発し、最終日にはピッチコンテストを行います。有名企業のエンジニアから適宜メンタリングを受ける機会があるので、スキルアップにも最適です。
ピッチコンテスト優勝チームは、シリコンバレーに無料でご招待します!

【優勝景品:約1週間のシリコンバレーツアー(2013年2月)】
・渡航費、滞在費無料!
・スタンフォード大学主催、ベンチャーキャピタリストへのエレベータピッチコンテスト”VC3”参加権
・シリコンバレーで著名なインキュベーターであるY Combinator卒業企業の創設者によるメンタリング
・他国のTriHack優勝チームとの交流
・スタンフォード大学学生との交流

【応募締切】
締切:2012年9月7日(金)(イベント前日まで)

【応募資格】
2013年2月時点で大学生・大学院生の方

【募集テーマ】
9月1日のチームマッチングイベントの際に発表されます(詳細は下記をご覧ください)。

【応募方法】
■エントリーはこちらから
※応募者多数の場合、こちらの応募フォームの書類を基に【TriHack】参加者を決定します。

【参加費】
1000円

【募集人数】
50名程度

【イベント概要】
◇チームマッチングイベント
2012年9月1日15:00~21:30(参加自由)

◇Hackathon
2012年9月8日10:00~9日18:00(参加必須)

【詳細日程】
◇チームマッチングイベント (9月1日)

【日時】2012年9月1日(土)15:30~21:30
【受付開始】15:00~
【会場】東京大学追分インターナショナルハウス・6階セミナールーム
(住所)東京都文京区向丘1丁目12-8
(アクセス)東京メトロ南北線「東大前駅」から徒歩約4分(マップはこちら)
【内容】
・Hackathonのテーマ発表
・チームビルディング
・ワークショップ、等
【費用】無料

◇Hackathon当日(9月8日、9日)

【日時】2012年9月8日(土)10:00~9日(日)18:00
【受付開始】9:30~
【会場】Samurai Startup Island
(住所)東京都品川区東品川 2-2-28-2F Sarmurai Startup Island
(アクセス)りんかい線「天王洲アイル駅」2番出口より徒歩4分 (マップはこちら)
【内容】
・コーディング
・多数有名企業エンジニアによるメンタリング
・プレゼンテーションコンテスト
・懇親会
・日中韓同時中継!等
【費用】1000円

【審査基準】
・デモの状況
・ターゲットユーザーの明確さとニーズの把握
・活用技術のレベルの高さ
・UIの秀逸さ
・新規性 など

【お問い合わせ】
info.trihack.jp@gmail.com

エントリーはこちらから

高性能画像圧縮アプリ「Caesium」をMac OS Xにポーティングしました

クックパッドに入社以来、仕事が忙しく、個人のアウトプットを出せていませんでした。最近、仕事が少し落ち着いてきたので、少しづつ個人のアウトプットも出して行きたいと思います。

現在進めている個人プロジェクトの1つとして、自炊(本のスキャン)をしている人向けのサービスを開発しており、画像圧縮アルゴリズムの研究しています。その調査の過程で、Caesiumというアプリがなかなか良い感じの出力をすると2chで見かけたためソースコードを読んでみました。プログラムは簡単にMacにポーティングできそうだったのと、社内の一部のエンジニアでcodewallが流行っている事もあり(現在国内トップ)、Mac OS XへポーティングしてGithubで公開してみました。

Githubのプロジェクトページの右の方にある「Download」タブからバイナリをダウンロードできます。インストーラーは頑張ったけど、設定が悪いらしくApplicationsにコピーされない orz そのうち頑張ります。

Caesium」は高性能な画像圧縮ツールで、ネットの記事を読むとサムシングスペシャルなテクノロジー(笑)が使われているとの事ですが、ソースコードを読むと別に特別な事をやっている訳では無かったです。

Mac版では、DnDでファイルを投入できるとか、Exif情報を取り除くとか、複数言語を表示できるといった幾つかの機能が正しく動いていませんが、メインの画像を圧縮するという機能は動いているので、マイナーバージョンとして公開します。

標準設定で圧縮すると、この4.9Mbの画像ファイル842Kb(-84%)になります。

画像の圧縮サンプルはこちらを御覧ください。

iPhoneアプリのモックを簡単に描く方法

iPhoneアプリのモックデザインって何で描くの?とよく聞かれるので、ブログにまとめる事にしました。

私がよく使うのは、Balsamiq Mockupsというアプリです。Adobe Airでラクラクインストールできるのでオススメです。

なぜこれが良いと言うかというと、線が手書き風だということ。我らが、Joel Spolskyはこう言っている

  • プログラマでない人間に90%まずいユーザインタフェースを持った画面を見せたなら、彼らはプログラムが90%まずいと思う。
  • 100%素晴らしいユーザインタフェースの画面をプログラマでない人間に見せると、彼らはプログラムがほとんど完成していると思う。

見た目がクールでないUIの価値が分かったら今すぐBalsamiq Mockupsをインストールだ!

このアプリに1つ問題があるとしたら、それは日本語入力を受け付けないという事です。これは単にフォントの問題なので、手書き風フォントを突っ込んでやればokです。

日本語の手書きフォントと言えば、「あくあフォント」。まずは下の2ファイルをダウンロードします。
あくあフォント
あくあPフォント

ダウンロードしたファイルは.exeなので、一見Windowsでしか利用できないように見えますが、中身はLHA形式のアーカイブなのでLHA対応のアーカイバがあれば圧縮データを取り出す事ができます。

MacやLinuxでの解答手順は以下の通り。

まず、SourceForgeからLHa for UNIXをダウンロードします。

$ tar zxvf lha-1.14i-ac20050924p1.tar.gz
$ cd lha-1.14i-ac20050924p1
$ ./configure --prefix=$HOME/bin/lha
$ make
$ make install

適当に$HOME/bin/lhaへパスを通します。(.bash_profile辺りに以下の行を追加するか、直接実行する)
> export PATH=${HOME}/bin/lha/bin:${PATH}

次に、ファイルの解凍。

$ lha x aqua2_7.exe
aqua2_7/aquafont.ttf	- Melted   :  ooooooooooooooooooooooooooooo
aqua2_7/readme.txt	- Melted   :  o
$ lha x aquap2_5.exe
aquap2_5/aqua_pfont.ttf	- Melted   :  ooooooooooooooooooooooooooooo
aquap2_5/readme.txt	- Melted   :  o

◆ココからWindows/Mac共通作業。

ttfファイルが取り出せたら、ダブルクリックして[インストール]を押します。

OSに応じて、以下の内容のBalsamiqMockups.cfgというファイルを以下のいずれかの場所に新規作成します。

<config>
    <fontFace>あくあフォント</fontFace>
</config>
- XP
C:¥Documents and Settings¥Application Data¥BalsamiqMockupsForDesktop.#numbers#¥Local Store

- Vista
C:¥Users¥AppData¥Roaming¥BalsamiqMockupsForDesktop.#numbers#¥Local Store

- Linux
~/.appdata/BalsamiqMockupsForDesktop.#numbers#/Local Store

- Mac OSX
/Library/Preferences/BalsamiqMockupsForDesktop.#numbers#/Local Store

これで、Balsamiq Mockupsを再起動すると日本語が使えるようになります。

Happy Coding!