daisuke のすべての投稿

EdTech CTO Nightで講演してきました。

10268482_636276523117004_3138187687220483830_n-1
最近、この手のアップデートはFacebookに流して満足していたので、ちゃんとブログに記録を残しておきたいと思います。

CTO NightEdTech Night!とのコラボ企画のEdTech CTO Nightというイベントに呼ばれたので「Cloud Technologyで加速する開発・運用」というテーマでお話させて頂きました。

第二部のパネルディスカッションで、アマゾンデータサービスジャパンの玉川さんに、「GoogleのAPI Expertという事ですが、AWSとGoogleどっちが好きですか?」と聞かれて「Googleの方が好きです!」と答えたのが、昨晩のハイライトですw

10262203_636276556450334_3276478116728932410_n-1

プレゼン資料はこちらになります。

会場はAmazonだったのですが、素敵なエントランスでした!
IMG_6034

食いきれない量のピザとビール!
IMG_6035

オフィス移転しました。

以前のオフィスは資金調達後の7月に移転したのですが、約半年間、通常のオフィス利用形態をはるかに凌駕した使い方をしつつも、ビルオーナー会社関係者の皆様には、『がんばって成功してね!』とありがたいお言葉を掛けて頂き、色々な事を大目に見て頂きました。

また、(内装で後から入れたビルの強度とは関係のない)壁に穴を開けられるならネクストイノベーション社のように壁をぶち抜いて持っていて良いらしいので、壁をぶち抜ける工具をお持ちの方はぜひご連絡頂けると幸いです。ちなみにITベンチャーに純投資を行っている、山下大介さんが代表取締役のネクストイノベーション社もあるようですよ。色々と近視感がありますねw

旧オフィスの様子

オフィス移転に備えて購入した大量の什器類と大変リッチな仮眠室

クックパッドには負ける、すてきなキッチン!

本日から稼働している新オフィス

さすがに執務室と会議室は分離したいので、内装工事予定で下のようなエントランスになる予定です。

どベンチャーが、ちょっとまともになった感はありますねw

本文の感想とかどうでも良いので、移転祝いを送ってください!レッドブルを抱えて、オフィスにフラッと遊びに来てくれてもokです!

Wishリストはこちら!

P.S. sasata299さんが爆速で唐揚げを注文してくれました!ありがとうございます!

【新オフィス情報詳細】

===========================
ADDRESS:中央区日本橋本町4-4-11永井ビル6F
TEL:03-3242-2515
===========================

あと、前回の記事にデザイナー募集をチラッと書いたら思いの外、連絡があったので気を良くしまして。

まずは、事業の話を聞いてみたいというレベルでも構いませんので、だいちゃんの仕事を手伝ってみたいという、素敵なiOS/Android/Railsエンジニアの方いらっしゃいましたら自分のレベルが低いんじゃないかとか心配せずに、FacebookTwitterでお気軽にご連絡下さい!週末や平日の空き時間にリファクタリングやコードレビューしてくれるだけでも助かります><

エンジニアなら絶対使いたいgsutil(Google Cloud Storage)

Google Cloud StorageはGoogleが提供するストレージサービスですが、gsutilsと呼ばれる便利なコマンドが提供されています。gsutilを使うとGoogle Cloud Storageをコンソールから簡単に扱えるようになります。

どれぐらい簡単かと言うとこんな感じ。

$ gsutil cp *.txt gs://my_bucket

$ gsutil cp gs://my_bucket/*.txt .

もちろんmvやrmといったコマンドも完備。さらに-Rオプションでrecursiveにコマンドを実行できます。

さらに!Google Cloud Storage <-> Amazon S3間のデータコピーもコマンド一発です。

$ gsutil cp s3://my_bucket/*.txt gs://my_bucket

$ gsutil cp gs://my_bucket/*.txt s3://my_bucket

Mac/Linuxの場合

gsutil.tar.gzをダウンロードします。

ファイルを展開します。

$ tar xfz gsutil.tar.gz -C /usr/local/share

パスを通します。

export PATH=${PATH}:$HOME/gsutil

パスが正しく通っているか確認します。以下のコマンドでバージョン番号が表示されればokです

$ gsutil version

gsutilを最新バージョンにアップデートします。

gsutil update

 

Windowsの場合

Windowsの場合はこちらをご確認ください。

 

Google Cloud Storageのセットアップ

Google Cloud Storageのセットアップの方法はこちらから

 

gsutilの設定

Google Cloud Storageのセットアップができたら、gsutilの設定をします。

$ gsutil config

以下のようなURLが表示されるので、ブラウザでアクセスします。

gsutil1-1

アクセスを許可すると、アクセスキーが表示されるので、それをコンソールにコピーします。

gsutil2

次にproject-idの入力が求められますが、Google Cloud Consoleから先ほど作ったプロジェクトのproject-idを確認することができます。入力が終わればセットアップ完了です。

 

gsutilの使い方

以下のようにファイルを簡単にアップロードやダウンロードできます。

$ gsutil cp *.txt gs://my_bucket

$ gsutil cp gs://my_bucket/*.txt .

もちろんrecursiveにコマンドを実行することもできます。

$ gsutil cp -R * gs://example/

さらにはGoogle Cloud Storage <-> Amazon S3間のデータコピーもコマンド一発です。

$ gsutil cp s3://my_bucket/*.txt gs://my_bucket

$ gsutil cp gs://my_bucket/*.txt s3://my_bucket

ヘルプコマンドかドキュメントでコマンドの一覧を確認することができます。

$ gsutil help

gsutil3

lsやmv、rmなど見慣れたコマンドが並んでいます。つまり普段ターミナルを使っているエンジニアであれば、Google Cloud Storageはローカルストレージと同等に使うことができます。