VMware Server Linux版の管理コンソールが頻繁にクラッシュする場合の対処方法 その2

vmware-logo

その1で、改善しない人も多いようですので、その他の対処方法を見つけたので記載しておきます。

まず、この対処方法で改善するのは以下の環境の方です。

まず、以下のコマンドを実行して下さい。

$ rpm -qa|grep -e "^glibc-*" -e "nscd"

glibcのバージョンが2.5-42の場合は、この記事の方法で劇的に改善する可能性があります。というのも、glibc-2.5-42とnscd-2.5-42の相性が悪いらしく、VMwareの管理コンソールが頻繁にクラッシュし、最悪、仮想マシンが落ちてしまうようです。


さっそく、以下のファイルをダウンロードします。

glibc-2.5-34.i686.rpm
glibc-2.5-34.x86_64.rpm
glibc-common-2.5-34.x86_64.rpm
glibc-devel-2.5-34.i386.rpm
glibc-devel-2.5-34.x86_64.rpm
glibc-headers-2.5-34.x86_64.rpm
nscd-2.5-34.x86_64.rpm

ファイルのダウンロードが完了したら、以下のコマンドでライブラリをダウングレードします。

# rpm -Uvh --oldpackage glibc* nscd*

yum updateで自動更新されないように、/etc/yum.confでexclude指定しておきます。


# vi /etc/yum.conf

exclude=glibc* nscd*

これで、きっと快適なVMware Server環境を楽しめるハズです!

—–
以下、検索用ワード
VMware Infrastructure Web Access アクセスできない crash 管理コンソール administration administrator admin console access

Be Sociable, Share!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください