Google Waveのアカウント招待について

wave_

最近かなりの数、ブログやメールで全く知らない人から「Google Waveに招待して欲しい」旨の連絡が届きます。

しかも、「すみませんがGoogleWaveに招待して頂けませんか、宜しくお願いします。」というだけで、直接の知人でもなければ招待して欲しい理由も明記されていない。

今回のサービス公開で、10万人にアカウント発行という事を考えると、従来wavesandbox.comのアカウントを所有していた約2万名からの招待かGoogle社員からの招待以外にアカウントを入手する方法は無いと思いますが、Google Waveはコミュニケーションツールなので、まったく知らない人を招待しても意味が無いし、知人がメンバーリストに居ない人はすぐに利用しなくなるので、まったくつながりの無い人を招待するつもりはありません。(wavesandbox.comのアカウントを持っていた人であれば、メンバーリストに知人がいないと全く使えない事を知っていると思います)

ただ、私自身Googleの技術に興味があり、京都GTUGとしてイベントを開催しているので、Google Waveでプログラムを書いてみたいという人にはアカウントを渡しても良いなと思うのですが、そもそもGoogle Waveの開発系イベントに参加していればGoogleから招待されているハズなので、私が招待するまでもない状況だと思います。

地方住まいだからイベントに参加できないという事情の人は、「こんなWaveアプリ作ったんだけど、アカウントないよー」とメールを下さい。招待枠が残っていれば招待します。

なんでこんな事をわざわざブログに書くかと言うと、一部の方々の努力で本当にGoogle Waveというテクノロジーに興味のある人には随時アカウントが発行される仕組みが構築されている事を知っているからです。現状で、新規にアカウントを欲しいという8割ぐらいの人を招待できているようです。

結論:Google Waveを長く利用してくれそうな直接の知人(もちろんエンジニアで!)か、Google Waveに本当に興味のあるエンジニアを招待します。

Be Sociable, Share!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください