エンジニアなら絶対使いたいgsutil(Google Cloud Storage)

Google Cloud StorageはGoogleが提供するストレージサービスですが、gsutilsと呼ばれる便利なコマンドが提供されています。gsutilを使うとGoogle Cloud Storageをコンソールから簡単に扱えるようになります。

どれぐらい簡単かと言うとこんな感じ。

$ gsutil cp *.txt gs://my_bucket

$ gsutil cp gs://my_bucket/*.txt .

もちろんmvやrmといったコマンドも完備。さらに-Rオプションでrecursiveにコマンドを実行できます。

さらに!Google Cloud Storage <-> Amazon S3間のデータコピーもコマンド一発です。

$ gsutil cp s3://my_bucket/*.txt gs://my_bucket

$ gsutil cp gs://my_bucket/*.txt s3://my_bucket

Mac/Linuxの場合

gsutil.tar.gzをダウンロードします。

ファイルを展開します。

$ tar xfz gsutil.tar.gz -C /usr/local/share

パスを通します。

export PATH=${PATH}:$HOME/gsutil

パスが正しく通っているか確認します。以下のコマンドでバージョン番号が表示されればokです

$ gsutil version

gsutilを最新バージョンにアップデートします。

gsutil update

 

Windowsの場合

Windowsの場合はこちらをご確認ください。

 

Google Cloud Storageのセットアップ

Google Cloud Storageのセットアップの方法はこちらから

 

gsutilの設定

Google Cloud Storageのセットアップができたら、gsutilの設定をします。

$ gsutil config

以下のようなURLが表示されるので、ブラウザでアクセスします。

gsutil1-1

アクセスを許可すると、アクセスキーが表示されるので、それをコンソールにコピーします。

gsutil2

次にproject-idの入力が求められますが、Google Cloud Consoleから先ほど作ったプロジェクトのproject-idを確認することができます。入力が終わればセットアップ完了です。

 

gsutilの使い方

以下のようにファイルを簡単にアップロードやダウンロードできます。

$ gsutil cp *.txt gs://my_bucket

$ gsutil cp gs://my_bucket/*.txt .

もちろんrecursiveにコマンドを実行することもできます。

$ gsutil cp -R * gs://example/

さらにはGoogle Cloud Storage <-> Amazon S3間のデータコピーもコマンド一発です。

$ gsutil cp s3://my_bucket/*.txt gs://my_bucket

$ gsutil cp gs://my_bucket/*.txt s3://my_bucket

ヘルプコマンドかドキュメントでコマンドの一覧を確認することができます。

$ gsutil help

gsutil3

lsやmv、rmなど見慣れたコマンドが並んでいます。つまり普段ターミナルを使っているエンジニアであれば、Google Cloud Storageはローカルストレージと同等に使うことができます。

Be Sociable, Share!

「エンジニアなら絶対使いたいgsutil(Google Cloud Storage)」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。