スクエア・エニックスのCTOが書いたプロジェクトマネージメントの資料がスゴイ!

スクエア・エニックスという開発期間が年単位の超大作を何本も抱える会社のプロジェクトマネージメントというのはみんな興味があると思う。開発に数年かかる規模のプロジェクトだと、初期に発生した数%の誤差が後の工程に影響を与えて、開発者を大量投入せざるを得なくなったり、開発者に殺人的労働を強いたり、発売日の大幅見直しなど、大炎上プロジェクトになります。

資料にも書かれていますが、この規模になると、ほんの僅かの見積もりミスや機能追加によって、当初想定工数から10倍もズレてしまうようです。

スクエア・エニックスでは、どのようにこれらの大規模プロジェクトをどのようにコントロールしているかが書かれています。プロジェクトマネージメントに興味がある人は必読です。

→ ゲーム開発・プロジェクトマネジメント講座
 株式会社スクウェア・エニックス CTO 橋本 善久(PDF)

資料で紹介されている推薦図書


– PM世界標準PMBOKのダイジェストをマンガで

– 読みやすいアジャイル本

– CCPMを知る

– XPにおける計画を知る

– スクラムを知る

– ゲーム開発におけるスクラム実践例

– 最もお勧めであり、最も考え方の近い本
– 分厚く内容も高度なので最後に仕上げで読むのが良いです

第9章でもプロジェクトマネジメントについてインタビュー形式で語っています。

Be Sociable, Share!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください