Xcode 4.0.1でInterface BuilderのInspectorを表示する方法

Interface BuilderはXcode付属のUIデザイン用のアプリだが、Xcode 4.0.1からXcodeに組み込まれた。今までは別アプリだったのだが、それが一緒になった。

ただ、今までもXcodeから直接起動できたので、特別便利になったという訳ではない。感覚的に起動が速くなった気がするが、計測してないので本当に気のせいかもしれない。

久しぶりに、UIデザインを変更しようと、Xcodeのサイドビューのリソース一覧から.xibファイルをダブルクリックしてみたのだが、UIの画面は表示されるが、コンポーネントが入った一覧が表示されないではないか!ドラッグアンドドロップでUIを描いていくのに、そのもととなるコンポーネントが入っている一覧ビューが無いのである。

色々いじって分かったのが、コンポーネント一覧を表示するには、[option]+[command]+[1]で、ファイルインスペクターを右に表示すると、その下半分が期待したビューであるということ。

UIが一気に変更されると最初の一回が困る。。。

Be Sociable, Share!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください